結婚を考えている方へ!お金で困らないようにする為に大切なこと

出産にかかるお金

結婚にかかる費用で結婚式にどれくらい費用がかかるのかを説明しましたが、
出産についての費用についても知っておいた方が良いです。知らずに損している方もいるようです。
出産にかかる費用ですが、 出産育児一時金というのがあり、
会社の健康保険や国民健康保険に加入していれば 42万円支給されます。(以前は38万円)

ですので、分娩・入院の支払いに関しては42万円を
オーバーした分を用意しておけば良いのです。

病院によっては費用が42万円かからない場合もあるので、
その場合は自己負担ゼロで出産が可能という事になります。

支払いに関しては一旦すべて自分で支払うのかと思ったのですが、
事前に申請をすることで、直接病院に出産育児一時金を支払う事も可能なようです。

詳しいことをお住まいの自治体に問い合わせてください。

出産後にもらえるお金

児童手当

家庭の生活安定や次世代の社会を担う児童の健やかな成長に資する為に作られた制度で
3歳未満:一律15000円
3歳~中学生:一律10000円
第3子以降:一律15000円
支給されます。
3歳までは年間180000円支給されるのでとても助かる制度です。

出産手当金

国民健康保険の方は支給されないのですが、
会社の健康保険に加入していれば支給される制度でして
出産で仕事を休む場合に
賃金日数×月給の3分の2×日数分の出産手当金が支給されます。
出産日以前42日、出産後56日の計98日間で仕事を休んだ日数で計算されます。

注意:産休中に会社から給料が支給される場合は額によっては出産手当金はもらえません。